得する確定申告2017【源泉徴収表や医療費控除の疑問解決!】

得する確定申告2017【源泉徴収表や医療費控除の疑問解決!】

確定申告は難しいというイメージがありますよね。
毎年確定申告をしているような個人事業主であればいいのですが、初めてという場合はやはりわかりにくいものです。

 

あらかじめ源泉徴収というかたちで税金を徴収されている場合や、予定納税というかたちで税金を前払いしている場合もあります。
ですので、確定申告は支払った税金との精算の手続きという意味合いもあります。

 

所得にかかる税金を「所得税」といいます。
所得税はたくさん稼ぐ人から沢山もらう仕組みとなっています。

 

源泉徴収をされていない所得というのは、言い方を変えると、所得税を払っていないということ。
ですから、所得があったら必ず確定申告してキチンと税金を納めましましょうね。

 

給与所得者は確定申告をする時に源泉徴収票の原本を添付する必要があります。
いつ渡されるかや渡される方法は違いますので、1月を過ぎてももらっていないようでしたら会社に確認してみてください。

 

申告する期間

 

原則として、お仕事をした翌年の2月16日〜3月15日が申告期間です。
ただし、2月16日および3月15日が土日となる場合には、休み明けの月曜日となります。
その間に申告書、書類を作って税務署に直接持っていくか、書類を郵送します。

 

申告期間内を過ぎてしまった場合、正当な理由がなければ、延滞税と無申告加算税が加算されます。

 

住宅ローン控除や医療費控除

 

「住宅ローン控除」とは、マイホームを一定の条件のローンを組んで購入したり、
省エネやバリアフリーなど特定の改修工事をしたりすると、年末のローンの残高に応じて「税金が還ってくる」制度のことです。

 

医療費控除や雑損控除のように、「還付申告」の場合は期間外でも受け付けています。
間に合わなかった場合は、3月16日以降でもOKです。なお、確定申告し忘れた還付申告は過去5年間さかのぼることができます。

 

「医療費控除があった」「住宅ローン控除の1年目の手続きを行っていなかった」など、
年末調整で処理できなかったり処理し忘れたりした控除があるなら、確定申告をしたほうが有利です。
つまり税額が還付されるわけです。

 

確定申告をしなければならないもしくは確定申告したほうが払いすぎた税金を取り戻せる人に該当するのかどうかわからない場合は、
遠慮なく税務署に問い合わせてみましょう。

 

働き方や年収を見つめ直しながらお得な気分を味わえる。確定申告で楽しく節税してみましょう。